Renosta Knot

壁紙クロスの種類、素材、機能ってどんなものがある?

皆様、こんにちは!
プランナーの白坂です。

GWも終わり、札幌市内も春らしくなりましたね。
(寒いような、暖かいような、風が強くて。。。。苦笑)

今日は、壁紙クロスのお話。

リノベーションプランを完成していくまでのプロセスで
当然ながら、お部屋の仕様・仕上げを決めていくのですが
そこで、どんな色?どんな素材?どんな機能性?と、色々考えますよね。

そんなことを考えている時は、ちょっと大変に感じるかもしれませんが、
家づくりで一番楽しい時間だと思います!

自分の家をどうデザインしていこうか、家づくりをしている実感が湧いてきますよね。

そんな家づくりの中でも、皆様けっこう悩まれるのが 『壁クロス』 の選定。

人それぞれ異なるセンスをお持ちですから、選定するのにも家族内で
意見が合わなかったりと、、、

今回は、そんな選定をする際に役立つ情報をお届けします。

偏に壁紙クロスと言っても、素材の種類や機能性は多々あります。

★クロスの素材★

●ビニールクロス

クロスの中でもよく使われるのがビニールクロスでしょうか。
他の素材に比べ安価で、品質も安定していて、耐久性も高くお掃除しやすいクロスなのです。色やデザインも豊富です。
ビニールクロスは、塩化ビニール樹脂などを主な素材とするビニールシートに紙などを裏打ちしたもの。
表面加工の方法によっても分類することができ、たとえば、表面に凸凹のあるエンボス加工や発泡させたもの、プリントを施したものなど多種多様。クロスにさまざまな機能を持たせている商品も多くあります。

●紙クロス

和紙、ケナフなど非木材紙を原料としたものがあります。
紙って音を吸収してくれるんですよね!リノスタでも防音室を作った時に採用しました。
環境や健康への配慮がなされている素材として注目されているみたいです。

●織物クロス

織物クロスは、レーヨン、絹、麻などで作られるクロス。
平織りや綾織、不織布などがあります。
ビニールクロスと比べて高級感、重厚感があります。
ホコリを吸着しやすいので、定期的に掃除やメンテナンスが必要です。
ホテルなんかで使われているのもよく見たりしますね。

そして、、、、
壁紙クロスには、様々な機能があるのです!
どんな機能のクロスがあるのかを知れば、リノベーションプランを考える際に
何を選べばよいか、納得して選べますよ!
多様な種類のクロスを知って、最適なクロスを選びましょう!

で、どんな機能があるかというと
ザっと、、、

消臭効果・防カビ効果・抗菌効果・表面強化・スーパー耐久性・防汚効果・吸放湿効果・蓄光機能・防火機能、そしてマイナスイオン効果なんていうのもあるのです!
けっこうありますよねっ!
それぞれの内容はまた次回のブログにでも、、、苦笑

リノスタでは、お客様と仕様・仕上げ決めをさせていただく際
しっかりと各内容をご説明し、適切なアドバイスをさせていただくように
心がけております。
一緒に家づくりをしていく中で、分からないことや、不安なことなど
沢山出てくるものです。
お客様とは互いに意見を出し合い、自身の考えやセンスを表現しあったりして一つ一つ家づくりのプロセスを踏んでいきたいですね。
そうすれば、次第に家づくりが楽しくなり、不安も期待に変わり
住む家には愛着が湧くものだと、、、そう思って日々この仕事をしております。

長くなりました。
ちょっとしたリノベーションの相談だけでも
是非、リノスタにお声がけ下さいませ。
以上、白坂でした。

最後までお読みいただき有難うございました!

投稿者紹介

総務スタッフ

総務スタッフ

気持ち良く店内でご商談いただけますよう日々『笑顔で明るく』を心掛けております。お気軽にお声をかけていただけたら嬉しいです。

関連記事