GALLERYリノベーション事例

5感で懐かしさを感じるリノベーション

古いもの、歴史のあるものを少しずつ蚤の市や旅行の際に買い集めることがご趣味のご夫婦。

今まで何年もかけて集められてきた物たちが閑静な住宅街にある築36年のマンションにマッチしています。

 

リビング・玄関はこだわりのある塗り壁を特注色で仕上げました。

色見本帳を見ながら職人さんに色を作ってもらい、サンプルを見比べながら決めたこの色はほかのものでは表現できない美しさがあると思います。

 

スイッチやコンセントも真鍮色のものを用い、落ち着きのある空間に彩りを設えています。

 

床にはヘリンボーンを用い、本物の木本来の味わいのある空間になりました。

職人さんに一枚一枚丁寧に貼ってもらった床は年数がたつにつれて歴史が刻まれ、だんだんともっと深い味わいが出てきます。

 

扉はすべてオーナー様から支給していただき、建具屋さんに調整していただきながら取り付けを行いました。

古い扉は重厚感があり、お部屋の雰囲気を一気に歴史を感じる空間に演出しています。

 

ご主人の趣味は革のお手入れ。

しっかりと革のお手入れをされていてなんと高校生のころから愛用されている革靴も。

革のお手入れ初心者の私はおすすめのお手入れ用品を教えていただき速攻ぽちっとしました(笑)

 

 

ここでもじゃっとねこちゃん登場。「私を撮りに来たんでしょう?」と言わんばかりの妖艶さにやられてしまいました・・・笑

 

ねこちゃんのお気に入りスポットはご主人様の膝の上。

気持ちよさそうに過ごしています。

写真右側に見えるショーケースにはご主人と奥様の宝物が飾ってあります。

ショーケースの中には鉱石などがあり、凛とした形のものや自然にできた形とは思えないようなものなどいつまでも見ていられる宝物スペースです。

 

こだわりがたくさん詰まった大切なおうち。

これからまた少しずつ歴史が刻まれていきます。

中古マンションだからできる味わいがあり、リノベーションの良さを感じられます。

 

作業中写真